うつ病の症状に悩んだら病院へ!心の病気を治す秘訣を伝授

焦らなくても、大丈夫。
カウンセリング

身近な人の理解も大切

近くにうつ病を発症している人がいたら、周りの人の協力も大切です。理解が出来なくても共感する姿勢を示す事が相手を安心させる事につながります。また、病院に行く事で症状の早期改善につながるので、自分から行きたいと思える様にう促してあげましょう。

View Detail

病院

対処を知っておくことです

精神的な疾患を持っている人が多くなっている世の中で、うつ病についても特徴を知って対処をすることです。食欲不振や睡眠不足になっている人は、長く続いていると感じたときには病院やクリニックで診てもらうことがベストといえます。

View Detail

メンズ

心と体にアプローチ

正しい知識を持ち、治療を行う事でうつ病の症状を改善する事が可能です。精神科などでは薬物療法や精神療法を用いてしっかり治療を行ってくれます。きちんと通う事がうつ病の再発を防ぎ、症状の悪化を抑制する事が出来るのできちんと通いましょう。

View Detail

家族の対応がカギ

ハート

外見以上にとても辛い

うつ病の人は多くがとても辛い気持ちになっています。ところが、大半の人は多少なりとも家事をしたり仕事をしたりと日常生活を営むことができます。そのためか、はたから見るとそれほど辛そうには見えないことが少なくありません。しかし、この多少なりともできている日常行動は、本人にとっては、大変無理を重ねて辛い気持ちを抱えながらの行動です。骨折や発熱のように明らかな変化が見られないため、家族や友人、同僚などは気づかないことが多いです。本人が抱えている辛さと周囲が受ける印象との間には大きな隔たりがあります。また、本人は周囲に迷惑をかけまいと平常に装うことも多く、最も身近な家族でさえ気づかないこともあります。そのため、いよいよ状態が悪化してからやっと家族が病気だと気づくことが多いです。うつ病の人の特徴として、行動が遅くなったり、何もやる気がなさそうに見えたりすることがありますが、決して怠けているわけでなく、本当にしたくてもうまくできず、手早くできません。うつ病は他の病気と同じように、多くは治療をすれば治りますが、その治療経過はゆるやかで、回復していく途中でも気分の状態に波が出やすいです。そのため、本人が何度も本当に病気は治るのかと不安になることや、時には絶望感すら感じてしまうこともあります。その時、支えになるのが家族の存在です。家族のあたたかい一言や、そっと見守ってくれている姿勢は、それだけ本人にとっては心の大きな支えになります。この時、励ましたり、焦らせたりするような言動をしないように注意が必要です。本人の状態の変化に気づいてあげたり、適切なアドバイスをしたり、受診を促したりすることも家族の大切な役割です。どのようにアドバイスをしたらいいかを迷った時には、治療を担当している主治医にどうしたらいいのかを尋ねるようにします。そして、家族としてできることは、本人が少しでも良い方向に変化した時には、それを伝えてあげることが大事です。うつ病の症状として悲観的になりやすいので、悪いところばかりに目が行きがちになります。そのため、治療を継続していく中で、少しでも以前よりも良いところを見つけたときには、それを伝えてあげることが、本人の自信や前向きな考え方につながります。本人の辛さを十分に理解したうえで、決して焦らせることなく、良くなった部分を見つけながら見守っていくことが家族に期待される一番の対応です。このように、家族の対応はとても重要な役割を果たしますが、同時にその負担も相当なものとなります。本人の支えになってあげたいという気持ちがあっても、実際に何か月も支えていくのは大変なことです。見守る家族が生活を犠牲にしすぎると治療にひずみが生じます。そのため、家族もきちんとリッフレッシュをしながら自分の時間を持ち、自分自身を大切にすることが良い方向につながっていきます。うつ病は大変つらい病気ですし、本人や家族の負担も大きいですが、一歩一歩地道に治療を続けていけば克服した後には、その人らしいライフスタイルや人生を取り戻すことができるので焦らないよう注意が必要です。